topページへ戻る コンテンツ メニューへ戻る 親爺紹介 リンクへ 一言BBSへ

令和元年、2019年の5月は〜
我が会では、丹波篠山再発見!
前には〜01 02 03 04 
八重桜は満開!〜小雨模様〜恐竜の足跡も…
田植え直後の里山風景にお茶畑〜
今ですよ今!
有名人の足跡も…へぇ〜!?
丹波篠山市味間南岩上神社  02

だからいつもの神社・仏閣と路地・旧村探し〜

本日は雨傘片手に4輪ポタ〜相棒自転車は…無!

まだサンとは雨が多いなぁ〜汗
※マウスポインターを置いてください。 
                                           撮影:令和元年05月01日
                                           UP日:令和元年08月24日

味間南の集落に〜

※盆地の圃場が美しい〜

松尾山方面〜
雨雲に煙って〜

※餌を食む鷺

 東播用水導水路掘削岩砕を低湿地の
地上げの為に埋立する。
昭和63年銘

※兵庫県南部に広がる播磨平野東部を受益地(神戸市他3市2町8,040ha)とし、
篠山市から三田市・三木市を経て神戸市に至る周辺地域。
東播用水は、水田・畑地への用水補給と新規用水確保及び水道用水供給のため、
昭和45年度に事業着工され、平成4年度に完成しました。
水源対策として3ヶ所のダムと、これらのダムを結ぶ2本の導水路、
そして幹線・支線水路が建設され、東播用水の「水のめぐみ」により、
従来の溜池に依存していた地域農業は、ほ場整備等の基盤整備が促進され、
機械化体系の拡充と土地利用率の向上などにより、農業経営の安定と近代化が図られてきました。
また、安定した水道用水の送水は人々の生活を潤しています。
(疎水名鑑HPより)


これも又、耕地整理の記念碑
昭和20年銘

※裏が何で赤色なのか?

岩の切だし杭が残っていました。

※半分の厚みを切り出そうとしたのか?

田植えの準備万端!



味間南の集落



白髪岳登山案内図

※丹波市の黒田庄や西脇への街道沿い
石燈籠〜

松尾山(687m)への道すがら〜



 モミの木脇に祠が〜

龍大神〜






夏目の花満開!

※歩いて〜

タラの芽

※茶畑の向こうに
鳥居が〜

茶畑横目に〜



鳥居と

※扁額〜

石切の跡も生々しく〜
宝暦期の手水鉢

※土俵

見返って〜




岩上宮銘石燈籠〜



狛犬不在の
覆い屋付の本殿舎

※龍の飾り彫

絵馬も〜

※歌舞伎役者?

脇からも〜

※手水鉢

松尾神社碑

※境内摂社

本殿舎反対側から〜

※境内摂社も覆い屋付〜




水神様?



見返って〜



向こうに住吉台の
多くの屋根が見えます〜


平成28年4月14日に九州では大震災(震度7)が熊本に…
平成28年10月21日には鳥取県中部地震(震度6弱)が〜
東日本大震災は8年目に…台風・豪雨水害被害で被災された方々に、
お見舞い申し上げます。
阪神大震災も24年…今年こそエエ年に!
平成末は北大阪大震災・豪雨・台風被害
令和初年は台風15号被害に胸が痛みます。
遂に天皇陛下は年下に…

まだサンと膝栗毛!
ページトップに戻る

01 02 03 04
05 06 07 08
09 10 11 12
13
14 15 16

怪しい親爺のポタメニューに戻る
Copyright c 2003 Office Young Moon. All Rights Reserved.